2019年3月15日金曜日

民営動物園は苦境に?

所用で宇都宮に出掛けるのを好機と、未だ行ったことのない「宇都宮動物園」を訪ねることにしました。ネットで下調べをすると動物の種類も多く、遊園地も併設する大きなところのような印象を受けました。

いざ入り口の前に立つと、係りの人が大声で「いらっしゃいませー」とにこやかにお出迎え。今は冬季割引料金で1200円です、と。うん? 動物園の入園料としてはそれでも高め。あっ、ここは民営なのだと気がつきました。(海外の動物園と比べて日本の入園料は格段に安いとは聞いていましたが、それは公営の場合。)民営とすると、1200円ではとても経営が成り立たないのではと心配になりました。

園内を一周りすると、確かに動物園に期待されるほどの動物はいました。象もカバも。ライオンは5頭、キリンに至っては7頭も。ただ、ケージに張ったネットや注意書きのボードなど全てが手造りで、それも壊れかかって...。財政難を物語っているようにみえました。一番の驚きは、動物がいるケージ内の壁に、近隣のラーメン店や餃子店(さすが宇都宮です)の広告が大きく描かれていたことです。きっとお店がサポーターなのですね。



けれど、そんな環境にいながらも、動物たちは割合幸せそうにみえました。陽気がよくなってきたからでしょうか?スタッフの方たちも、動物たちにとても優しく接しているようでした。

私立動物園の経営難の話は他所からも聞こえてきます。宇都宮動物園が、これ以上の苦境に陥らないで欲しいなと心から願いました。

ところで、今回一番心惹かれた動物はというと、ハイエナのブブでした!すごく可愛いらしい目をしていて、通りがかったスタッフに首の周りを撫でて欲しそうな仕草をするのです。個体差もあるでしょうが、今までハイエナというと怖いイメージを抱いていたのですが、勝手な思い込みだったのですね。



2019年3月5日火曜日

観劇には椅子も大事?

ここ一週間に、3回劇場に行く機会がありました。
寄席、映画、そして芝居を見てきたのですが、観客席の座り心地が大事、ということを改めて感じました。

寄席は新宿末廣亭。初めてです。
柳家さん喬や林家正蔵が出演する2月下席の昼の部だったのですが、ちょっと出遅れてしまったため、着いたら椅子席は満席。両サイドの桟敷の最後尾しか空いていません。畳で落語というのも乙なものだな、と思ったのはとんでもない浅はかな考え!畳が水平ではなく、会場の中央部に向かって低く傾いているのです。果たしてこれは、意図的に設計したものか、経年的な変化なのか?とにかく座り心地がすこぶる悪く辛かったです(笑)
ですが、築82年(戦前)の木造建築は素晴らしかった。舞台も天井も客席も木組みが面白く、工夫が施されていて、物珍しさにキョロキョロ見回してしまいました。



次は、映画の試写会です。
間もなく封切られる「マイ・ブックショップ」。イギリスの片田舎で周囲の冷たい目にもめげず、書店を開く(そして閉じる)女性の物語です。
会場は、飯田橋駅近くの「神楽座」です。100人ほどのキャパで、試写会には丁度良い大きさです。入った途端に、シートがゆったりめに作られているな、と感じました。座席の前後の高低差も程よく見やすい会場でした。こちらを会場に選んだ主催者に感謝です。



最後は、昨晩出掛けた新宿の「紀伊國屋サザンシアターTAKASIMAYA」です。
文学座の「寒花」の初日で、会場には熱気が溢れていました。
伊藤博文を暗殺した安重根(アンジュングン)が収監されている旧南満州旅順の監獄の中で繰り広げらる心理劇で重く緊迫した空気に圧倒される思いでした。
サザンシアターは全体のスペースが小さくロビーも小振りです。にも拘らず客席数は450余り。どうしても窮屈感は否めません。
ただ、今回は芝居の求心力が勝り、座席の窮屈さは余り気になりませんでした。



願わくば、席数100未満のゆとりある空間で、上質のコメディーを楽しみたいです!


2019年2月26日火曜日

お世話になったスターアニス

春ですね。近所のお寺さんの枝垂れ梅がほころんで甘い香りを放っています。
今年も何とか冬を乗り切れたようでホッとしています。

さて、冬の間我が家で毎朝飲んでいたお茶をご紹介させてください。
グリューワイン(ホットワイン)の紅茶ヴァージョンです。ロイヤルミルクティーを淹れる要領で、茶葉と一緒に、スパイスを入れます。スターアニス(八角)、クローブ、シナモンスティックを細かく刻んで。


夜は夜とて、赤ワインを使ったグリューワインを楽しんでいるのですが、もしかしたら、この朝晩のスパイス入り飲み物が、風邪予防に役立っているのかもしれないと思うようになりました。この冬は、知り合いが何人もインフルエンザにかかったのに、予防注射もしていない婆達が無事だった、ということは......(笑)

いえ実は、スターアニスが、インフルエンザ薬のタミフルの成分として使われていることを最近知って暗示にかかってしまったのです!「薬膳・漢方ー食材 & 食べ合わせ手帖」(監修 喩静、西東社)に詳しいです。


2019年2月16日土曜日

「アニマルズ」の一語に誘われて

2年余り前にオープンした「すみだ北斎美術館」は妹島和世の設計による現代的な建物です。公園や周囲の景色を映しこんで地域との一体感を目指していることが感じられます。

開館当時の大混雑の噂に恐れをなして、しばらくは近づくまいと決めていました。が、今回の企画展タイトル「北斎アニマルズ」に誘われて、両国まで行ってきました。



夥しい作品を残した北斎です。動物もあまた登場するのですが、それを例えば、写実的な画法によるもの、デザイン化されたもの、物語の文脈と共に描かれたもの、想像(創造?)上のものなどのセクションに分類し展示しています。

北斎漫画などの書物で見慣れた動物も少なくない中、一番印象に残ったのは「北斎写真画譜」の中の1点、飛んでいるタヌキ(?)の姿を下から見上げたような絵です。見開きにその1匹のみ。標題もありません。ガラスケースの中の展示ですし、写真も撮れないのでここでご紹介できないのが残念です!写真画譜の“写真”はフォトグラフではなく、リアルに描いたという意味かと思います。
(展示は4月7日迄です)

さて、婆のミニプリントの動物シリーズですが、4作目のカバの絵がほぼ出来上がりました。ウサギの輪郭をもう少し修正した方が良いかなと迷っているのですが...。
ペンギン、ハリネズミ、ヒツジ、そしてカバ。このシリーズの共通タイトルは「どうしたの?」です。隣人の一寸不思議な行動を心配しているような。



2019年2月6日水曜日

人を偲ぶ旅

2月4日は極近しい人の祥月命日でした。お墓まいりや法事より、今回は生前その人と訪れた場所を再訪してみようということになりました。三浦半島へ、一泊二日。気まぐれな春の陽気に後押しされて、思いがけず楽しい旅をすることができました。

1日目は、思い出深いフレンチレストランへ。以前と変わらずセンスが光る美味しい料理。広い窓の向こうには今しも咲き始めたミモザの花が風に揺れてそよぐのが見えます。いつ訪れても心地よいお店!あの日、初めて行った時もそんな感じでみんな気をよくしたものでした。その後何回かお邪魔しました。(そのお店は京浜急行のYRP野比という駅の近くにあります。)

ランチ後は海岸まで車を走らせ、高台にある「くりはま花の国」から浦賀水道を行き交う船を眺めたり、灯台のある観音崎の海岸をのんびり歩いたりしました。海の色の美しいことと言ったら!



翌日は、泊まったホテルのすぐ向かいにある「横須賀美術館」へ。横須賀に所縁のある三木弘(みきひろむ)という人の特集展示を見ることができました。みんなで訪ねた時は、館所蔵の現代アート展開催中だったと思います。美術館の庭から続く海を眺めながら食事をしたことを思い出しました。「ACQUAMARE」は今人気のレストランのようです。



美術館は建物全体が海に面して横に長く広がり総ガラス張り、のような印象です。光を存分に取り込んでこの上なく明るい内部。図書室も例外でなく、思わず長居をしてしまいました。

亡き人を偲んだというより、婆たちが思い切り楽しんでしまったこの度の旅。でもその人もきっと懐かしがり喜んでくれたと思います。







2019年2月1日金曜日

早春の光の中へ

昨夜からの待望の雨(大きな雷も)も朝にはすっかり晴れ上がっていました。
程よく湿り気を含んだ空気が喉に優しく感じられます。

今日から2月。
ウィンドウディスプレーに選んだのは、ガラス作家・太田良子さんの作品「dialogue」です。

(クリックすると大きく表示されます)

生来のものでしょうか。“言葉”について際立って繊細かつ豊かな感性を持つ太田さんが、ガラスという素材を通して表現した”対話”です。往復書簡のように対になって、目をこらせば読めるような(けれど読めないのです!)文字らしきものが連なっています。
早春の光を受けて、文字たちがひそひそ声で話しだすかも........?   


2019年1月21日月曜日

被災地支援バザーのご案内

浦和の日本茶喫茶・ギャラリー「楽風」さんで、第5回被災地支援バザーが開催されます。
http://rafu-urawa.com/

1月24日(木)~29日(火)10時~19時(最終日は17時まで)
雑貨、本、CDなどに加え、被災地の美味しいものも販売される由。

売上金は今回も全額NPO法人「ゆめ風基金」に寄付なさるそうです。

一週間ものスパンでバザーを開くには、その2倍、3倍の準備期間が必要です。後片付けもあります。東日本大震災後ずっと続けていらっしゃる「楽風」の皆様には頭が下がります。現在は熊本や北海道の被災地の支援もされています。

婆も微力ながら協力したいと思い、寄付品を持って、久し振りに楽風さんに伺いました。




江戸時代後期創業の青山茶舗の建物、大きな庭、そして木の温もりに包まれた「楽風」の喫茶スペース。丁寧に淹れられた日本茶。全てが変わらぬ懐かしさに心がじんわり満たされる感じでした。

チャリティーバザーの期間中に少しでもお時間がとれましたら、是非いらしてみて下さい。