2018年6月22日金曜日

浜町公園辺りを歩く

ふとしたことから手にした展覧会のご案内。そのDMはがきの絵に惹かれて、日本橋浜町の「好文画廊」にお邪魔しました。「平岩 允 回顧展」(ひらいわちか かいこてん)です。50年以上絵を描いていらっしゃる方の回顧展で、初期の頃から最近までの絵が年代順に展示されています。人物像が多いのですが、特に素晴らしかったのは、自画像です。やはり対象を知り尽くしていらっしゃるからでしょうか。力強く存在感のある絵でした。 (24日午後4時までです)




浜町公園辺りは緑に恵まれています。近くに浜町緑道(グリーンベルト)と呼ばれる遊歩道があり、様々な木々が緑のトンネルを作っています。近隣にお住いの方が羨ましい。

帰路、地下鉄の人形町駅に入る前に中国茶専門店「茶韻館」で一服しました。連れは武夷岩茶の肉桂を、婆は台湾烏龍の清香を注文。普段食後に気楽に飲んでいる烏龍茶とは異なり、丁寧に淹れたお茶は、茶葉の個性がハッキリと出た清々しい香りを放っていました。



2018年6月16日土曜日

梅雨の合羽橋商店街は

久しぶりに何の予定も入っていない土曜日。こんな日は常備菜の買い出しにと、合羽橋商店街に出かけました。
突き当たりにスカイツリーを臨む通りは、今にも降り出しそうな曇り空にも拘らずかなりの人出(半分は外国の方)で、賑わっていました。

先ず入ったのは佃煮の「湯蓋(ゆぶた)」さん。去年閉店した浅草の「鮒金」さんの後を継ぐように新しく開店したお店です。きけば、ご主人は「鮒金」さんで働いていた方。甘旨の味をそのままに引き継いでいます。佃煮、たまに食べたくなりませんか?



通りには、新しいお店もいくつか。刃物の「研ぎ陣」。江戸手研ぎ専門とか。蕎麦の手打に必要な道具を取り揃えた店に婆の気持ちが動きます。古木を使った室礼も魅力的な「草々野(そうそうや)」には、小振りの花器が涼しげに並び、両手の中に収まりそうな金魚鉢(金魚は作り物)が目を引きます。



そうこうしている内に、目当のお店「萬藤」(諸国乾物取り扱い)に着いたのですが、なんと本日お休み!土・日定休日に変わったようで、小売店としては何とも大胆なという感想です。これは、その後に寄った珈琲屋うさぎさんで理由が分かったのですが。


うさぎさんは、婆がよくお邪魔するカフェです。注文を受けてから豆を挽き、ドリップで、深め、浅め、中位などお客様の好みに合った淹れ方をしてくれます。カップも選べます。
更に嬉しいのは、ママさんが工芸やアートの知識が豊富で、美味しい珈琲をいただきながら色々なお話をきけることです。彼女自身もガラスのサンドブラストで作品を作っているので、作家側の気持ちも理解して下さいます。

さて、「萬藤」さんが土・日定休にした理由とは?昨今の人手不足で、週休2日にしないと働いてくれる人が見つからないからだそうです。



2018年6月6日水曜日

目黒から日本橋へ

梅雨入りする前にと、昨日は東京庭園美術館の「フランスの絵本展」に行ってきました。週末に乗ったANAの機内誌に紹介されていた展覧会です。(確か去年も同じように機内誌の記事を読み、浜松動物園に行った記憶があります)

アール・デコ・リヴァイヴァルと称して、旧朝香宮邸を公開していることもあり、平日ながらたくさんの来場者が見られました。フランスの絵本展では、赤ずきんとか象のババールとか、いくつか見覚えのある絵もありましたが、大抵の絵本は初めてみるもので(婆が知らないだけ?)19世紀後半から20世紀半ばにいたるフランス絵本の流れが分かりやすい説明つきで展示されていました。(6月12日まで)



次に、日本橋のギャラリーArt Mall で始まった「そめや まゆみ 銅版画展ー余白の時間ー」を訪問。そめやさんは版画工房の先輩で、いつも色々アドバイスしてくださる方です。お人柄そのままに、穏やかで優しい作品が並んでいました。彼女のホームページはhttp://kusatsumi.com/ 。(6月17日まで)
ギャラリーArt Mall ははんぺんで有名な「神茂」の並びです。今日は遅かったので、既に閉店していて残念!




2018年5月28日月曜日

午後から銀座へ

二つの個展のご紹介です。いずれも以前アッカで個展をしていただいた作家さんで、今日が初日でした。

まず、銀座1丁目、奥野ビルにある巷房で鍛金作家の「服部睦美展」を拝見しました。奥野ビルは1932年に建てられた非常に趣のあるビルで、20軒(?)以上のギャラリーが入居しています。

服部さんの今回のテーマは「鳥あるいは飛ぶもの」です。いつもの服部ワールドが繰り広げられていました。6月2日(土)までです。



次は銀座7丁目まで歩いて、うしお画廊で始まった日本画の「内藤裕子展」へ。うしお画廊は新しい画廊で、その清々しい空間に内藤さんの心象風景を描いた作品がよくマッチしていました。6月2日(土)までです。




2018年5月22日火曜日

5月は再会の月

土曜日は高校のクラス会でした。頻繁に開いているのですが、婆が参加できたのは久し振り。
次の土曜日は中学のクラス会です。ご高齢(今年98才!)の先生も必ずいらしてくださいます。どちらの会も出席は男性の方が多いのですが、女性にはご家族を「介護」中という事情があるのかもしれません。


昨日は、二つの展覧会を見てきました。
「太平洋展」、婆の夫が出品しています。六本木国立新美術館で28日まで。


「イケダユキコ個展ーPastoral」、工房の友人です。キャンバスギャラリー自由が丘で23日まで。



そうそう、婆のメゾチント多色摺りの版画も少しずつ進んでいます!途中経過です。




2018年5月14日月曜日

新潟は雨でしたが

先週、新潟方面に出かけてきました。魚沼市の栃尾又温泉へ。生憎の強い雨で部屋に閉じこもっていましたが、それこそ正解の過ごし方だったようです。栃尾又はラジウム温泉で、湯治場として続いてきたところ。低温(約35度)の湯に1日合計5〜6時間つかり、あとは部屋でゆっくり休むのが効果的とのことでした。

帰りは、新潟市美術館に回り、「小倉遊亀ー絵筆にこめた愛ー」を見てきました。
子供や家族など人物をモチーフにした絵は、伝統的日本画とは異なり自由で大らかな筆致で描かれています。ピカソやマチスを見慣れた(?)現代人には受け入れやすい日本画かと思いました。



静物画に「アネモネ」と題する一枚を見つけ、アラー偶然!と嬉しくなり、ポストカードを購入してきました。実は、婆もただいまアネモネをモチーフに版画を制作中なのです。
初めて4版多色刷りに挑戦。主版(墨)が出来上がったところです。こちらは銅板ですが、残りの3色はプラ板で行こうと思っています。果たしてうまく出来るでしょうか?



2018年5月7日月曜日

さあ、呼吸を整えて、スタートです

GWはお天気に恵まれましたね。
日差しは明るく、空気はカラッとして肌に心地よい。こんな爽やかな陽気は、一年のうちでもほんの僅かな期間のように思います。
出かけたくなりました!緑に恵まれ、人出は然程なく、しかも我が家から遠くないところへ。ありました!今、東博(東京国立博物館)で「春の庭園公開」が催されていることを思い出したのです。徒歩20分です。

博物館本館の裏手にある庭園は普段は公開されていません。お茶室が3軒、それに移築された明治期の建物、応挙館と九条館があるので、そちらでお茶会をされる方たちは入園できるようです。




お庭を巡る人もチラホラ見られましたが声を立てる人も無く本当に静かで、しばらく無心でいられました。

さあ、呼吸を整え平らかな気持ちになったところで、新しい暮らしへスーッと滑り込んでいきたいと思います。